読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇者、半袖を装備した。かわいさが10アップした。

最近勇者が元気がない。朝起きた後、テレビの前でゴロゴロしてるし、寝室に走って行って寝転がったりもしている。GWからずっと出かけてばかりで消耗してるのか?今週はのんびりさせようかな。

 

そんな風にのんびり考えてたら、ルイーダから言われてしまった。

「暑いのでいい加減半袖着せてください」

確かに暑い。急に暑い。自分が寒がりだから気にしてなかった。勇者は実は夏バテなのか?乳幼児は汗腺が未発達で汗を上手くかけないから、薄着が良いというのは基本のき。すっかり忘れていた。

※一応気になったのでググってみたが、汗腺は満2歳で大人と同じレベルまで発達するらしい。3歳くらいまでの過ごし方で一生物の汗腺ができるとのこと。

 出典(勝手にリンク張りましたスミマセン):

blog.livedoor.jp

 

幸い先週末にビアンカが衣替えしてくれていたので、今日から半袖デビューした。

衣替えしてたのに、なぜ長袖のままだったんだろうか。謎だが。

ともかく、半袖短パンになった。半袖短パンになると、二の腕がプニプニしてミシュラン君みたいな。

 

なんか超カワイイんですけどー。ウチの子かわいすぎるんですけどー!

保育園の中でも一番かわいいんですけどー、は言い過ぎた。勇者は、隔世遺伝のせいで、やくざ顔のパパスにそっくりなのだ。窓バンドは童顔なので全然似ていない。。。成長して人相変わるといいな。

なんか話が脱線したけど、急に暑くなったので、大人も子供も気を付けよう。余談だが、毎年5月から夏にかけて、窓バンドは鬱気味になる。5月病、全開!

 

 

 

↓↓そろそろコタツもしまわないと↓↓


にほんブログ村

勇者は馬車を手に入れた!日曜日の親子工作

じゃじゃーん!

f:id:madogiwahusband:20160511210027j:plain

 

何に見える?

 

答えは。勇者の一番のお気に入り、山手線!!(色ちょっと違うけど)

馬車じゃなくて電車ね。

 

前は勇者を中に入れて、ひもをつけて外から引っ張って「ガタゴトガタゴト~」って遊んでただけだったんだけど、ついにちゃんとデザインされた(笑)

途中までビアンカが作って、残りを窓バンドが完成させた。

クオリティは見ての通り、なんとなくそれっぽいけどディティールは雑。どう見ても子供騙し。だけど、勇者は大喜び!得意の「デンシャ!」を延々と唱えていた。

そりゃあまぁ、勇者は子供どころか乳児だもんね。騙されてくれるよね。

 

大した手間暇かけずに、家で遊ぶオモチャなんて作れるんだね。面倒くさがってやってなかったけど、色々工作するのも楽しいかも。見ればわかるけど、段ボールにビニールテープを巻いてるだけなので、実は子供と一緒に作れる。親子工作。テープを切ったらある程度の位置だけ合わせてあげて、あとは子供に「ポンポンして~」って頼めば「バシバシ」叩いて貼り付けてくれる。パパと子供の初めての共同作業w

 

子供と仲良く作って、一緒に電車ごっこもできて、雨の日にはお家で遊べる。これだけのパフォーマンスがありながら、な、な、なんと!総工費300円!!ダイソーに行って緑と白(グレーだよな、ホントは)と黒のテープ買うだけ。お好みで総武線も常磐線高崎線も思いのまま。

 

ダイソーに行くのがめんどくさい人は、ぜひアマゾンから。(送料のほうが高そう・・・)

 

 まぁ、雨の日曜日の暇つぶしなどにどうぞ。

 

 

↓↓実は裏面はまだできてない↓↓


にほんブログ村

勇者、魔の2歳児カウントダウン?ビアンカの言うこと聞かない、その理由

最近、勇者はビアンカの言うことを聞かないらしい。

特に、帰宅時の手洗い。前は帰ってきたら、自分で靴下を脱いで、洗面所の脱衣カゴに自分で入れて、風呂場の椅子を出して洗面台にセットして、自ら手を洗い、椅子を風呂場に戻し、タオルをタオルかけから引きずり降ろして手を拭いていた。

 

しかし今は。

 

「やーだー!」

 

以上。

 

今日はビアンカに予定があり、久々に窓バンドがお迎えに行った。一緒に帰る道中、「今日はママがいないから、帰ったら自分で手洗って、ごはん食べて、パパとお風呂と寝んねだからねー」と言い聞かせしたけど、「やーだー」の返事。。。イヤイヤ期って大変だなぁ。勇者ももうすぐ2歳。魔の2歳児恐ろしい。

 

まぁ手洗わなくても死なないから(風邪は引くけど)いいかぁと諦めモードで帰宅。ダメ元で声をかける。

「さぁ、手洗おう!」

「やーだー!」

 

「やーだー!」と叫びながら洗面所に掛けていく勇者。あれ?

靴下脱いで椅子をセットし始める勇者。あれあれ?

全然問題ない。超イイ子じゃん?なんで?

 

窓:「どうしたん?超イイ子じゃん?お兄さんになったの?」

ハニカム勇者。

窓:「あー、さては、いつもママには甘えてワガママ言っちゃってるのかなー?わざと言うこと聞かないのかなー??」

小悪魔な勇者。「バレちゃった?てへぺろ~」みたいな顔してリビングに走り去っていった。

そうですか、そういうことですか。言うことを聞けないんじゃない。わざと聞いてない。ママにかまって欲しいのねぇ。

 

実は、子供が言うこと聞いてくれなくて怒ってるママ、けっこう見かける。

それこそ、保育園の玄関先で、「何ノロノロしてんの!早く靴履きなさい!!」とか。

仕事から慌てて帰ってきて、夕飯、寝かしつけが待ってて、物凄く気持ちわかるけど、もし原因がママにかまって欲しいからだとすると、怒っても効果無いってことになるよな。

余裕があるならかまってあげてね、って言うのは簡単だけど、なかなかそんなに余裕ないのもわかるところだし。たまに「パパが余裕ある感じで子供の面倒見てるのがイラっとくる」っていう意見が飛んでくる理由が良く分かった。ママ相手にはかまってちゃん。パパ相手なら良い子ちゃん。パパには絶対にわからないママの苦労があるのね。

パパにできることは何かあるのかなぁ?自称イクメンのくせに、ママお疲れさま、って労うくらいしかできないのかなぁ。。。ビアンカに聞いてみるか。

 

それにしてもさ。

 

パパにはかまって欲しくないの!?

 

 

↓↓パパはかまいたいのに↓↓


にほんブログ村

勇者はミキハウス×ミズノの靴を装備した!素早さが10あがった

勇者はもうすぐ2歳。去年買ったセカンドシューズが小さくなってきてしまった。。。新しい靴を買い直そうと思ったが、結局今履いている靴のサイズ違いをAmazonで注文してしまった。

 

それがこれ。ミキハウスとミズノのコラボレーションセカンドシューズ。

 

子供の靴を選ぶのは本当に難しい。何しろ本人は、どんな靴がいいかなんて教えてくれないし、かと言って自分が試着して履き心地やサイズを確認することもできない。

去年靴を買った時は、とにかくもう全てのメーカーの靴を試着させて走らせてみた。コンバースアディダスピジョン、etc...

事前調査したところ人気だった上記のメーカー、悪くないんだがやはり決め手に欠ける。まぁ本人からのフィードバックが無いから当たり前なんだが。。。悩みながら他にもないか店内をウロウロしていたら、ミキハウスコーナーで見つけたミズノとのコラボシューズ。せっかくなので履かせてみる。

 

ビュイーン!

 速っ!

 

勇者がものすごい速さで走り去っていく。ほかの靴より明らかに動きが良かった。ほしふるうでわかよ。。。やはり本人に合う靴だと、動きに顕著に現れるのね。もう迷うことなくこの靴に即決、したかったんだけど、ほかの靴に比べてやたら高価なのでしばらく悩んだのは内緒。

ただ、結局1年近くこの1足で過ごせたので、コストパフォーマンスは申し分ないかな。そういうのも含めて、次の靴も同じものにすることにした。やはり勇者も慣れた装備が良いだろうし。

 

とりあえず子供の靴選びは、いろいろ試着することと、試着した状態で実際に走り回れる広い店舗で選ぶこと(店員さんごめん)。この2点に気を付けてみるといいかも。

 ウチはアカチャンホンポで買ったけど、この記事のリンクでも買えるからね。

 

大事なことだからもう一度言うけど、この記事のリンクで買ってね。

  

↓↓Amazonアソシエイト、登録してみたんだ↓↓


にほんブログ村

ビアンカ、ダーマ神殿へ?ワーキングマザーの転職ってどうなの?

ビアンカから「ブログに出番が無い!」と苦情が。。。なので今日の主役はビアンカ

仕事だけでなく家事育児を一生懸命やってくれているビアンカだが、なんと最近、仕事に飽きている!非常に由々しい事態だ。我が家は共働きだからギリギリ成り立っている。それは間違いない。

 

ビアンカは今の会社に入社して8年。ずっと同じ部署で仕事をしている。小学校が6年、中高が3年、大学が4年であることを考えれば8年というのは非常に長い。定年まではまだ30年近くある。恐ろしい。

単に飽きているだけでなく、少し興味がある職種がある。今の職種の延長線上だが、未経験になるので、35歳を過ぎるとかなり難しいというイメージもあり、転職をしようか悩んでいる。

 

しかしながら、悩んではいるものの、現時点ではまだダーマ神殿には行っていない。

要因を挙げるとすると

・今の会社の給料は悪くない

・時間に自由が効くので、急なお迎えなど子育てを両立しやすい

・ある程度実績があるので、会社内の立場もしっかりしていて働きやすい

といった今の会社の良い面と

・時短勤務中だから転職先が見つかりづらそう

・興味がある職種に、未経験OKの求人がない

・転職直後は仕事の強度を上げる必要があり(そうなの?)、子育てが疎かになりそう

・第2子どうする?

という転職へのネガティブなイメージがあるらしい。

 

他の人のブログを読んだりしたけど、本当にワーママの転職活動は難しいらしい。そもそも、バリバリ働きますっていう男性でも転職は難しいのに、いわんやワーママをや。子供が熱出したら休むんでしょ、とかそういう理由で断られたら転職できる気がしないよね。

 

でも逆に考えると、ワーママだからこそ転職ミスってのが減るんじゃないだろうか?恐らくだけど、バリバリ働けない人は要らない、って会社はワーママには内定を出してこない。ワーママでもOKってところはかなり理解がある会社なんじゃないだろうか。

つまり、入社してから「こんなはずじゃなかった」っていう不幸な転職あるあるが起きにくいんじゃないだろうか。

 

正直なところ、俺は転職しちゃってもいいんじゃないかと思っている。転職に関するリスクは、できれば金銭面は維持してほしいけど、他は許容できると思う。ちょっと忙しくなっても育児は分担してるし、飯以外は全部できる。(飯は超重要だけど。。。)土日休みなら平日忙しくても子供と触れ合う時間は作れるだろうし、最悪時短勤務を変わってもいい。

 

仕事を変えたいならそれでもいいし、子育てに注力したいならそれでもいい。さすがに専業主婦になりたいなら家族会議が必要だけど。とにかく大事なのは「本人がどうしたいか」だと思う。まずはそれを悩んでもらえればと思う。で、俺の意見としては転職(あるいは社内異動)しちゃえば良いんじゃないかなぁと。まずはやってみる。ダメならダメでまた考えるでいいんじゃないの。転職活動はもちろん手間暇がかかるけど、やる前から尻込みして諦めるのは、若干ビアンカっぽくないかなーと。ウチの妻は、やはりフローラよりビアンカなんだよな。

 

やはりなんだかんだで転職活動は難しいかもしれないけど、良いブログのネタ貴重な経験になるだろうし。どんな決断でもいいけど、頑張れビアンカ

どうせなら給料倍増計画じゃー。住宅ローンは君にもかかっているんだ。

 

↓↓我輩は主夫になりたい↓↓


にほんブログ村

勇者、羊とお戯れ@伊香保グリーン牧場にて

GWの帰省、ここに行ってきた。

 

www.greenbokujo.co.jp

 

何を隠そう、群馬県渋川市にある伊香保グリーン牧場である。

窓バンドが子供の頃、祖父に連れられてそれはもうしょっちゅう行っていたのだが、当時は正直寂れていた。西部劇とかおもしろかったけど、客が自分たちしかいなかった。

ところが、今ではけっこう人気の観光スポットになっていて、バスが何台も来ているし、駐車場もいっぱいになったりしている。まあ人気とは言っても、千葉県にある某大人気牧場なんかに比べれば全然人は少ないのだろうけど。

 

しかしだ。客が少ないのは乳幼児がいる家族連れには本当にありがたい。待ち時間が少なくて色々遊べるし、迷子にもなりづらい。子供も自由に動き回れて楽しそうだし、とにかく気楽に過ごせる。

 

空いている、で思い出したが、渋川・伊香保に遊びに行く際は特急草津号をお勧めする。2016年現在、GWだというのに自由席がスカスカで予約不要だ。盆や正月でも似た感じ。10年前くらいからそうだから、この先もおそらくそうだろう。新幹線よりも安いし、高崎で乗り換える必要も無い。座ってお菓子食べてる間にすぐ着く。渋川駅ならレンタカーも借りられるので問題ない。東京からレンタカーは、関越の渋滞がしんどいのでサンデードライバーにはあまりお勧めしないぞ、っと。

 

話を戻すけど、グリーン牧場はいつの間にか大幅リニューアルしていた。今は色々な体験型アクティビティがある。詳しく書くのがめんどくさいのでざっくり言うが、牛、馬、うさぎ、羊、ヤギと触れ合える。乳幼児でも、親と一緒に引き馬に乗ったり、リード持って羊と散歩したり、うさぎを膝にのせて愛でたりできる。

勇者は特に羊が気に入ったみたいで、羊のお散歩で自分から羊を撫でに行ったり、餌をあげたりしていた。意外と羊は大きいのだが勇者は怖がらなかった。ものすごく楽しそうだった。

牧場で動物と触れ合うのは、勇者にとってはかなり良い経験になったみたい。勇者のレベルアップが感じられてこちらも大満足だ。

 

ちなみに窓バンド的におすすめなのがシープドッグショーだ。本場オーストラリア人の羊飼いが、牧羊犬を使って羊を追いかけるショーだ。文章で書くとなんてことないが、牧羊犬がとにかくすごい。百聞は一見に如かず、見に行ってくれ。

 

なお、昼食はレストランよりカフェをおすすめ。ゆったり静かに食事ができた。しかもけっこう美味しい。オヤツは定番のソフトクリーム。さすがに牧場で作っているだけあって濃厚。

 

自分が子供の頃に散々通ったグリーン牧場だが、まさか親子2代でお世話になるとは思ってもみなかった。なんか、うん、ノスタルジー。

 

とにかくグリーン牧場はおすすめだ。別にほかの牧場でもそうだけど、乳幼児を連れていくのはとても良いと思う。動物園だと外から眺めるだけになってしまうけど、牧場は直接的に触れ合うことができて、なんかこう、子供の情緒が発達したように感じたんだよね。そもそも、小さい子供は見てるだけだと飽きちゃうしね。意外と大人も楽しいし。

まぁとにかく、グリーン牧場はおすすめする。というか群馬への旅行をおすすめする。

とにかく群馬をおすすめする。

 

↓↓ぐんまちゃんがかわいいのよね↓↓


にほんブログ村

勇者、エルヘブンを旅する。

巷で噂のGWなので、勇者一行は旅に出た!

と大々的に書いてみたものの、とても普通だ。

というか旅をしない勇者一行とか存在価値ないよね。RPGは旅してナンボね。

しかも、旅と言いつつ、単に窓バンドの実家に帰省しただけというね。

 

ただ、帰省先がかなりの田舎なうえ、温泉観光地だから、単なる帰省でも旅行気分がMAX(byビアンカ)になって超お得なのだ。山奥な上、しかも母方の祖父母も住んでいるという、まさにエルヘブンのような秘境。このエルヘブンの爺さんは、高齢でかなりヨボヨボしてるんだが、勇者に会うと急に元気になる。不思議なもんだ。

 

今回の帰省では特急で行って、SLで移動して、新幹線で帰るという電車大好きトーマス大好きな勇者には夢のような行程だ。しかもそれだけじゃなくて、牧場にも行くし温泉にも行く。割と盛りだくさんだ。

 

しばらく留守にするからブログは更新できない。果たして読者がいるのかはわからないが、あしからず。

 

 

っていう記事を旅行前に書いておけば良かったよ!

 

 

↓↓1つ勉強になった↓↓


にほんブログ村